VänA orange(ヴァーナ オレンジ)

東京都府中市でおもしろ雑貨やアメリカン雑貨などを取り扱っている雑貨屋です。商品情報や府中のこと、スタッフの日記などなど…よろしくお願いいたします。

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【Staff.HK】ピーキー過ぎて…Vol.1

TMAX-070623-01.jpg

ピーキー過ぎておまえには無理だよ

AKIRAに登場する「金田のバイク」を意識して

私がバイク乗りになるきっかけとなったのは、大友克弘さんの映画「AKIRA」を観た事でした。当時中学生だった私は、冒頭のバイクチェイスに衝撃を受け一気にバイク好きとなってしまったのです。特にあの赤いバイク「セラミックツーローター両輪駆動でコンピューター制御のアンチロックブレーキ、12000回転200馬力」のバイク「金田のバイク」はあこがれでした。
そんなあこがれの「金田のバイク」をモチーフにカスタムをした「YAMAHA TMAX」を紹介します。

続きはこちらへ
バイク好きな方にオススメ商品も紹介しています。
↓ ↓ ↓ ↓


大抵のバイクは赤にすると「金田のバイク」と言われる

バイクのイメージを一気に変えるのは外装のペイントでしょう。それがスクーターならなおさらです。そして「金田のバイク」と言えば赤です。この「TMAX」はオールペイント込みで注文しました。02年の純正には赤がありませんし、あったとしてもペイントはしたと思います。Macから好みの色をレーザープリンターで出力し、それを指示紙として使いました。通常ならこんな指示紙を塗装屋に持っていったら「イメージしたカラーにはならないよ」なんて言われてしまいますが、2度目なので問題はありません。実はこの「TMAX」は2代目「MARK.?」で、廃車となってしまった初代「MARK.?」の時にも同じ方法でペイントを出しています。その時もバッチリ指定通りのカラーであがってきたので、安心して注文できました。

純正パーツのように見えるカスタムが理想

ステッカーをこれだけ貼ってしまうと、純正もなにもありませんが基本の考えは純正のようにです。ステッカーの話は、また今度するとして今回はミラーの事を話します。安全性などを考えれば仕方ないのですが、どのバイクも変えるのが前提の触角ミラーは好きになれません。「ドゥカティ 999」のように完成された、デザインがどうして出来ないのかと思います。

TMAX-070623-04.jpg

「MARK.?」の時はミラーをハンドルにしていたのですが、どうもしっくりと来ていなかったので、2台目はノーマルの位置でカスタムする事にしました。先ほどでた「ドゥカティ 999」のミラーを取り付けようと考えたのですが、値段が高すぎて断念しました。
次の候補は、車用ですが「ビタローニ」ミラーです。どうにか取り付けが出来ないかと、ネットの画像を見ながら考えていました。色々な画像を見ている時に「ビタローニ」にそっくりな、FRP製(白ゲル)「ロータス用」フェンダーミラー見つけました。このミラーは「ビタローニ」とほぼ同じデザインなのに値段が安く、取り付けが出来るのでこちらを選択する事にし、ネットで注文をしました。
届いたミラーは「ビタローニ」のコピー物でしたが、取り付け部分がなんともチープな作りの物でした。おかげで、取り付けが出来るので良しとしましょう。
カラーは悩んだ結果、エンジに決めました。取り付けが出来るか確認をして、塗装の作業をしました。ところが先を急いでしまい失敗してしまいました。ムラやタレ跡が酷く塗り直しです。ペーパーを掛けたのですが 、エンジは汚れが見えてしまいそうだったので、すべてをごまかし消してくれる黒になりました。黒は全てを消してくれました。

TMAX-070623-023.jpg

もう引き返せない、世界に1つのワンオフパーツ

次にシートですが、「MARK.?」の時にワンオフで制作した物です。ワンオフとは、世界に1つだけのオリジナルパーツを制作します。このワンオフパーツを付けることにより、バイクも世界に1台と錯覚し、バイクに対する思い入れが尋常じゃなく増します。よってこのバイクカスタムから引き返せなくなる恐れのある、とても危険な行為です。この時の私はこんな事になるなんて思っても思ってもいませんでした。
シートもMacでイメージ画を作成し、出力したコピーをシート専門店に持って行きました。案の定難しい顔の職人さんでしたが、指示紙片手に「このバイクをこうしたい」と熱く語りました。難しい顔のままでしたが「いいよ作ってみるよ」と言ってくれました。 しかも格安で引き受けてくれました。「わざわざ足を運んでくれたし、難しそうだからボクもチャレンジしたい」となんとも職人な理由でした。
週末に試作が出来ては乗りに行き、微調整する作業を4・5回繰り返しました。運転中の高さをもう少し低くしたかったのですが、これ以上は座り心地が悪くなるので出来ないと、これだけは譲ってくれませんでした。そんな事もあり、約2ヶ月かかり完成したシートは最高です。座り心地良く、足着きも良く、なにより見た目が良く、とても気に入っています。

最後に、バイク好きな方にオススメ商品を紹介します。
「Gulf(ガルフ)」キーホルダー!!
柔らかいラバー素材なのでバイクのキーリングにもピッタリ!!
アメリカのオイルメーカーのキーホルダーです。
スケルトンのクリアーレッドが、とにかくカッコイイです。

vanaorange-110126-02.jpg →商品紹介ページへ GO!!


検索:アキラ AKIRA 金田 バイク 金田のバイク KANEDA'S BIKE 大友克洋 KATSUHIRO OTOMO T-MAX TMAX カスタム
スポンサーサイト

| ピーキー過ぎて… | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://vanaorange.blog100.fc2.com/tb.php/46-53022985

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。